むくみといっても


『よくむくむんです』


女性に多いお悩みの一つですが、その原因は実に様々ですので、安易に決めつけない方が良いようです。


むくみには4種類があるという事をご存知でしょうか?


まずは、『全身』か『局所』か


そして、指で押した時に『へこむ』か『へこまない』かで分けられます。


『全身でへこむ』場合は、全身に水分が増えすぎていることが考えられますので、体液のバランスをつかさどる臓器である「腎臓」に異常がないか、尿たんぱくなどの検査を受ける事が必要です。


尿たんぱくが出ていると、腎炎・腎不全・ネフローゼ症候群、出ていなければ、水分過剰・薬剤性・栄養障害・心不全・肝硬変の可能性が高くなります。


『全身でへこまない』場合は、甲状腺機能低下症の可能性が高くなります。


『局所でへこむ』場合(足だけなど)は、脚の静脈の流れが悪く、下肢静脈瘤・深部静脈血栓・大静脈症候群や、炎症性で痛みを伴います。


『局所でへこまない』場合は、リンパ浮腫がほとんどです。(血管神経浮腫の場合もあり)


よく分からない時は、むくみの原因の多くは体液(血液やリンパ)の流れに淀みや滞りがあることを念頭に、軽い運動・健やかな睡眠・バランスの良い食事で、巡りを良くしながら、腰から下を冷やさず温めるようにして下さい。