良い姿勢


力こぶや胸板のたくましさに代表される筋肉=アウターマッスルを大きくする事のみを『鍛える事』と考えてしまうと、偏ったトレーニングになってしまい、歪んだ身体になっていきます。


アウターマッスルを鍛える事は、外見を大きく変えるものでもあり、代謝にも大きく関係するため、必要な事であることに間違いはありません。


一方、外見には大きな変化をもたらさないものの、身体を劇的に『使える』ように出来るのが、インナーマッスルのトレーニングです。


インナーマッスルは、身体を支える筋肉であり、良い姿勢を得るには、このインナーマッスルを鍛え身体のバランスを崩れないようにする必要があります。


当院では、姿勢改善をご希望の方には、ご相談のうえで、徹底してインナーマッスルを整えるように指導をしています。


うわべだけの姿勢が良く見えるテクニックではなく、もっと本質的な『姿勢が良くなる身体バランス』を習得していただきたく思います。

★スポンサード リンク★