コアの安定


とんでもなく地味ですが、コアの安定に効果絶大な体操を一つご紹介します。


コアの安定には、身体をコルセットのように支える腹直筋や骨盤を正しく支える骨盤底筋群を整える事が欠かせません。


とは言うものの、目に見えるものではないため、なかなか感覚が掴みづらいのも事実です。


コアを安定させるため、腰割りを行なうにあたり、上手く腰が割れない方のうち、膝がどうしても内側に入ってしまう方が少なくありません。


これは、股関節の柔軟性が失われていることに加えて、ふともも・お尻周りの筋力の低下が考えられます。


腰割りはスクワットのように大きな筋力を必要とするものではないのですが、それでも身体をバランスよく支えるための筋力は必要です。


では、足の内側をピッタリと揃えて立ちます。


身体がグラグラするようであれば、壁などに手を当てて安定させてください。


踵を揃えたまま、扇を開くように足先を滑らし、ゆっくりと開いてください。


そして、滑らすようにゆっくりと戻します。


筋力の低下が顕著な方は、つりそうになる感覚があるかもしれませんので、無理をしないように必ず『痛くない程度』で行なってください。


慣れてくれば、広げた状態から踵をゆっくりと上下させてみましょう。


これを腰割りとセットで行なうと、効果抜群です。


是非、日々の習慣にしてください。