力加減


痛みは身体が発するS.O.Sですので、無理をしないようにしましょう。


肩が痛い時に、痛いにもかかわらず、動かさないと余計に悪くなると考え無理やり動かすのは、良い方法ではありません。


そんな時は、どうすれば痛くなるのかという事よりも、どうすれば痛くないのか、どの位置なら痛みを感じないのかを見つけましょう。


そして、痛くないポジションで、極々弱い負荷をかけ軽く動かしていきます。


その際、決して身体の外側についている大きくて強い筋肉を使わないように注意しましょう。


身体の内側にある、細くて小さな筋肉に意識を集中し、その部分だけで動作をする事により、痛みを誘発することなく筋肉を整えることが出来るのです。


うまく出来ているかどうかの見極めは、繰り返していくうちに、骨の周りだけがジワ~ッと熱くなっているかどうかです。


外側が頑張っている場合、この感覚がありませんので、意識を内側に集中し行なってください。

★スポンサード リンク★