心の持ち方


会えば、不健康自慢やお薬の数の競い合いをしたり、不平不満を誰かに当たり散らしたり・・・

さらには、食事や排泄が自分で出来なくなるような高齢者が増えている一方で、元気にスポーツに取り組む高齢者が増え、大会や競技会への参加人口が増加しているそうです。


これらの差は、ほんのわずかなきっかけや気づきから始まります。


健康に向き合う姿勢や、人生観によって道は変わります。


そして、よく食べ よく笑い よく動き よく眠る


これが自然と出来ている人は、表情も穏やかで、比較的健康に過ごす事が出来ていると思います。


眉間にしわを寄せ、口元が下がり、常にイライラしているような人は、少しばかり心の持ち方を柔らかくしてみましょう。


その方が本当は楽なはずなのですから。

★スポンサード リンク★