心臓弁膜症


疲れやすい・動悸息切れがする・胸が重く感じる


このような状態は、つい年齢のせいにしてしまいがちですが、動脈硬化などの血管が原因かもしれません。


心臓には4つの『弁』があるのですが、この弁の開閉機能が衰えてくると、心臓が通常よりも大きな力が必要となるために、負担を強いられます。


それが疲れやだるさとして、感じられるのですが、進行が遅いためなんとなくこんなものだろうと慣れてしまい、対応が遅れてしまいます。


高齢化が進む中、心臓弁膜症も増え続けていますので、十分な注意が必要なのです。

★スポンサード リンク★