麻痺性貝毒


潮干狩りシーズン真っ盛りですが、『貝毒』には十分な注意が必要です。


管理された場所以外で採取したホタテ貝・あさり・ムール貝・ムラサキ貝・ミドリイ貝などの二枚貝には、フグ毒テトロドトキシンに匹敵する強い神経毒が含まれている可能性があり、嘔吐・しびれ・麻痺・呼吸困難を引き起こします。


通常、植物プランクトンは海底の泥の中でシストという休眠状態なのですが、海水温の変化などで大量に増殖し活性化し、貝毒化を招きます。


そうなると、麻痺性貝毒を持つ「渦鞭毛藻類」アレキサンドリウム属などの植物プランクトンを餌とする二枚貝は、体内に毒成分が蓄積され、さらにボイルしようと焼こうと毒性は消えませんので、大変危険な食べ物になってしまうのです。


日本では国の基準が厳しいため、市販品による中毒は起こりにくく、ほとんどが個人的に採取した貝の摂取により中毒を起こしていますので、安全が確認されていない場所で取った貝類は摂取しないようにしましょう。