除菌


胃の出口を意味する「ピロルス」から名付けられた「ピロリ」と呼ばれる細菌は、その可愛らしい名前とは裏腹に、相当厄介な悪い細菌です。

 

1980年代に発見されたピロリ菌は、酸性が強く、細菌が住めないと言われていた胃の中を好んで住みつき、胃の中の壁を傷つけます。

 

なぜピロリ菌が生き続けられるかというと、ピロリ菌が出す「ウレアーゼ」という酵素が尿素を分解してアンモニアを生み出します。

 

アルカリ性のアンモニアは、胃の酸を中和するため、ピロリ菌はそのバリヤに包まれながら生きているのです。

 

日本人の50%、そして、50歳以上の70%が保持者で、一度感染すると、除菌する以外は胃の中に住み続けます。

 

胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍の原因であり、胃癌との関係も深いピロリ菌ですが、ピロリ菌に感染してるからといって、すべての人がこれらの病気になるわけではなく、病気を発症した人がピロリ菌に感染している確率が高いというだけなのです。

 

ピロリ菌の予防については、よく分かっていないのが現状のようですし、定着したピロリ菌を自然治癒するのはとても難しいので、検査を受けて、ピロリ菌の感染があるようなら除菌をするというのが望ましいのかもしれません。

★スポンサード リンク★