腰は身体の要・基礎になる部分であると共に、心とも深く関係しています。


腰がマイナスな様子を表す言葉として、及び腰・腰くだけ・腰が抜けるなどがあり、逆にプラスは、腰を据える・本腰を入れる・腰を落ち着けるなどがあります。


これらから分かるように、腰が弱かったりフワフワしているようでは身体はどんどん歪んでいきます。


腰が元気でしっかりどっしりと構えていると、身体のみならず、心まで強く整っていきます。


強い腰を作るには、『腰割り』です。


強いというのは、筋肉をモリモリつけるという事ではなく、股関節をゆるめ、可動域を広げ、大きく動かせるようにする事です。


股関節が楽に動かせられると、膝や腰が滑らかになり、血流やリンパの流れにも良い影響が出てくるのです。


健康に『腰割り』は必需品です!!

★スポンサード リンク★