マイナス回路


このグラスを見て、水の量はどう見えますか?

 

水が「半分しか」入ってないと感じるか

水が「半分」入っていると感じるか

水が「半分も」入っていると感じるか

 

「も」と感じる人は、現状、心が平穏で満たされている人

 

特に何もなく、見たままに感じる人は、可もなく不可もなく生活をされている人

 

「しか」と感じる人は、不平不満・自己嫌悪など様々なストレスで心が歪んでいる人

 

このように解釈できるそうです。

 

思考回路が常にプラスで、前向きに働く人は、物事の良い面に視点が向きますが、マイナスに働く人はその逆で、悪い面にばかり見えてしまいます。


このグラスの場合は、入っている事がプラス面、入っていないことがマイナス面です。

 

これは他人に対しても同じ事ですし、物事全てにおいてそのような回路で、判断し行動し、自虐的になったり、時には攻撃的になったりします。

 

整体指導をしていても、常にどうすれば出来るようになるか、いかに工夫をすれば習慣に出来るかを考える人がいるのとは対照的に、出来ない理由や理屈ばかりを懸命に並べ立て、何とかしてしなくて済む方法探しをされている人が見受けられます。

 

マイナスの回路は、無駄ですし、もったいないです。

 

いくら高速に稼働させても、本当の意味で自分の為にはなりません。

 

回路は、常に『プラス』が良いのです。

★スポンサード リンク★