何のため


健康のために!!と、行なっている事が、何の意味もない事であったり、そればかりか、健康を害してしまう場合もあります。


何かしらの食べ物がカラダに良いと知るや、そればかり食べ始めたり、1日に○○分歩くことが良いと聞くと、ご自身の足の筋力や関節の強さ・柔軟性を考えずに、その通りに行なってしまい、しばらくすると膝や股関節が痛くなり、病院通いをする羽目になったり、足腰を強くする為のスクワットで逆に膝を悪くしたり・・・・


どんなことでも共通する事ですが、なぜそれをするのか、自分に合っているのかを考え、そして正しい方法を習得し、正確に実践する事が何よりも大切です。


間違った方法で1万回行なっても、何の意味もありません。


それなら正しい方法で10回行なう方が、どれほど効果的か知れません。


何事もまずは基礎からじっくりと始めましょう。