世界禁煙デー


明日、5/31は『世界禁煙デー』です


世界保健機関(WHO)では、たばこの煙には、少なくとも70種類もの発がん性物質の他、数多くの有害物質が含まれ、循環器・呼吸器・消化器の病気や癌により、多くの命が失われています。


また、当人のみならず、受動喫煙のせいで亡くなっている人は、国内では約6800人にものぼります。


喫煙をする方は、『ご自分の意志でたばこを吸っている』と思っているようですが、本当はそうではなく、ニコチン依存症という病気で、健康や時間やお金を犠牲にしてでも、『たばこを吸わされている』のです。


喫煙はあらゆる癌の危険因子です。


『自分はたばこに支配されている』


そこに気付き、自らたばこと決別する意思を強く持ちましょう。


単に、今日から禁煙するぞ!というような考えでは、遅かれ早かれ挫折してしまいがちです。


ニコチンによる脳の変質のせいで、いくら意思を強く持っても、簡単に止められるものではありませんが、まずはご自分がニコチンにはかなわない・勝ち目がないという事実を自覚し、その上でどのような努力をすれば、そこから抜け出せるかを真剣に考えてみましょう。


まずは、明日の世界禁煙デーで、ご自分がたばこに支配されているかいないかをお試しください。


イライラする、たばこが気になって仕方がない、時間の経過が遅いなどと感じるようであれば、どっぷりと支配されている証拠です。