壁トン


腰割りはスクワットとは異なる身体の使い方が必要なのですが、まるでスクワットのように腰割りを行なわれる方が少なくありません。

 

原因は、腰(股関節)が割れない(開かない)という事と、腰割りの本質を理解されていない事です。

 

股関節がうまく使えない方の腰割りは、その周りにある大きな筋肉(お尻・ふともも)が頑張って、代わりに身体を上下させてくれるのですが、それではいつまで経っても股関節は開きません。

 

また、大きく深く上げ下げをする事が腰割りの目的でもありませんので、膝を90度まで曲げる必要はありません。

 

腰割りは、股関節の本来の使い方に気づき、身体の軸を作り、安定させるために必要な能力を得ることが出来る、素晴らしい運動です。

 

是非正しい方法で、使えない股関節を『使える股関節』にしてください。

 

正しい腰割りにはいくつかのポイントがあり、その1つをご紹介している動画がありますので、参考になさって下さい。

 

身体が前方に倒れないようにように、壁にもたれるようにして腰を割りましょう。

 

壁にトンと もたれます。  『壁トン』です。

 

頑張ってください!!

★スポンサード リンク★