肋骨の筋肉


肋骨はカチッと固まり動かない構造ではなく、胸郭全体と連動してかなり大きく動きます。


その役割を担うのが、外肋間筋と内肋間筋で、肋骨と肋骨の間を走行しています。


外側に外肋間筋が、内側に内肋間筋があるため、内肋間筋に触れる事は困難です。


外肋間筋は肋骨全体を広げ、吸気に作用します。


内肋間筋は肋骨間を縮め、呼気に作用します。


同じような場所に付いているのですが、筋繊維の走行が逆の為、別の動きが可能なのです。


肋間筋が柔軟に動きだすと、呼吸が深くなり姿勢も良くなり血行が改善されますので、疲れやだるさ、首・肩こり、背中の張り、腰痛にまで効果がみられてくると思いますので、積極的に肋骨を動かしましょう。

★スポンサード リンク★