カラダがやわらかい


肩こり・腰痛・疲労を慢性的にお感じの方の多くはカラダが硬く、前屈などの柔軟体操が苦手です。


ですので、身体の柔軟性がいかに重要かという事をよく発信していますが、実は柔らかい事が絶対的に良いとは限りません。


確かに柔らかい身体は、血行も良く基礎代謝や疲労回復に大きな影響がありますし、怪我もしにくく、心身のリラックスにも効果があります。


しかし、身体が柔らかい=単に関節が柔らかいという場合、それは『支える力が弱い』という事につながります。


健康な身体とは、自分の力で立ったり歩いたりというように、しっかりと支えられる身体を指します。


関節が柔らかいというアドバンテージのせいで、特に鍛えるという発想に至らないために、逆に怪我や故障をしてしまう事もあるようですので、その柔らかさを生かすには、身体を支える筋肉(インナーマッスル)を丹念に鍛える事で、強くしなやかな身体に変えていくことが出来るのです。


もちろん、身体が硬い人もトレーニングを怠らないようにしましょう。

★スポンサード リンク★