寝る前に


朝起きると身体がだるい、首が痛い、腰が痛い、肩がこる、足がだるい場合、つい『枕が合わないんだ』『マットが柔らかすぎるのかも』などと考えてしまいがちですが、必ずしもそういう事ではないと考えています。


1日頑張った身体は、疲労・偏り・捻じれなどにより、骨格

歪みや巡りの悪い状態になっています。


それをメンテナンスもせず、そのままにして寝てしまうと、悪い状態のまま長時間放置することになります。


そうなると、例え最高の整体である『寝返り』をもってしても、就寝中に元に戻すことは困難なのです。


ですので、1日の疲れを寝る事で解消しようとするのではなく、寝る前に、ストレッチやゆったりとした呼吸などを行ない、身体をキチンとリセットした上で眠りにつくようにしましょう。


身体にぴったりの完璧な寝具を見つける事は、非常に難しく、費用も馬鹿になりません。


そんな事をする前に、寝る前のセルフケアを毎日行なってみてください。


大抵の不調は改善されていきます。

★スポンサード リンク★