2億時間のロス


もうすぐ夏休みが始まり、全国各地の行楽地が賑わい、道路の混雑が予想されますが、全国の高速道路で、利用者が渋滞によって無駄にした時間は、約2億時間だと言われています。


この2億時間というのは、約10万人が1年間に働く総労働時間に相当する、膨大な時間なのだそうです。


長時間の運転で同じ姿勢が続き、身体に不調を感じる方が多くなる時期でもあります。


腰の痛み、足のだるさ、肩首の疲れなどですが、適度に休憩を取る事が必要です。


それとともに大切なのは、正しく座る事です。


座席は出来る限りハンドルに近く保ち、背中が丸まらないように、頭が前に飛び出さないように座ることで、身体の負担が軽減されます。


繰り返しますが、血流が滞らないように、頻繁に休憩を取りましょう。

★スポンサード リンク★