深い呼吸


健康な身体作りに欠かせないのが「深い呼吸」です。


呼吸は「肺」で行ないますが、肺はその重要性から、胸郭という構造体に守られるように位置しています。


胸郭とは、胸椎(背骨の胸の部分)・肋骨・胸骨からなり、鎖骨や肩甲骨とも密接な関係があります。


深い呼吸を行なうには、胸郭、およびその周辺がうまく関連し弛んで広がったり閉じたりする必要があります。


これらの動きを邪魔してしまう要因は、ストレスや巡りの悪さと共に、「身体の偏り」「身体の柔軟性の無さ」などがあります。


胸郭は胸郭だけで存在しているのではなく、例えば胸椎は脊柱の一部ですので、脊柱全体のしなやかさを要しますし、脊柱を正しい位置に保つためには、骨盤の安定性が欠かせません。


骨盤は股関節の一部ですので、その柔軟性や周辺の筋肉バランスを整える必要があります。


また、呼吸には横隔膜という筋肉の動きが大きく関わっています。


横隔膜は、腰椎、胸骨、肋骨とつながっているため、これらの事から深い呼吸を行なうためには、身体全体の滑らかでしなやかな動きが必要だという事が分かります。

★スポンサード リンク★