運動


運動していますか?


年齢に関係なく毎日の運動は、健康の基本です。


運動といっても、息も絶え絶え、フラフラになるような強度ではなく、気持ちよく体を動かし、楽しく会話をしたり、歌を口ずさみながらラクに出来るようなレベルで十分です。


10年後には700万人にも上るという認知症にも、その対策として、運動に効果があるとされています。


それは、運動をすると脳内にタンパク質の量が増え、認知機能が改善するからだそうです。


また、運動の種類によっては記憶力の改善効果も確認されています。


ですから、高齢者の認知症対策として、運動を取り入れることはもちろんですが、運動の力が低下してから運動を始めるのではなく、これから急激に下がるであろう中年期からの運動習慣がとても重要になるのです。


「いつやるの?」と、いう感じでしょうか。

★スポンサード リンク★