つまらない話


「ダイエットには炭水化物をゼロにする事が必要」

 

「ダイエットには炭水化物を摂取することが必要」

 

真逆のように思える考え方が、メディアに取り上げられあたかもどちらか一方が正論のように語られるのですが、どちらが正しいとか間違っているとかという問題ではなく、甚だズレた考え方のように思えてなりません。

 

肥満は、炭水化物(例えば米)を食べたから太り、食べない・または少量だから太らないというようなレベルの問題ではありません。

 

ヒトは、睡眠・運動・休息・休養・ストレスなどをきちんと管理し、腸内環境・自律神経バランス・代謝・排便リズムなど、これらを整えることで健康な身体になります。

 

健康な身体には、余計な脂肪などつくわけがありません。

 

厳しい大自然の中で生き抜くために、健康でいなければならない野生動物は、肥満で苦しんだり、ヒトの生活習慣病と同様の病で動物病院にかかるような事はありません。

 

そのような動物は、「ペット」として人間に飼われ、甘やかされ、歪んだ生活を強いられた結果、野生動物にはあり得ない姿・状態にされてしまっているのです。

 

ヒトも同じですが、自分の世話をするのは「自分」ですので、飼い主に当たるのも自分というコトになります。

 

甘やかせたのも自分自身です。

 

生活習慣を乱しているのも自分自身です。

 

太らせたのも自分自身です。

 

自分を律し、正しい生活を送っていれば、肥満などなるはずがありません。

 

それを、炭水化物がどうとか、脂肪がどうとか、論点がズレすぎていて、本当に「つまらない話」だなと、感じてしまいます。

★スポンサード リンク★