悪い姿勢


姿勢の悪さで代表的なのは、猫背・あごが出る・骨盤後傾などですが、それぞれが別々に動いているのではなく、身体の重心やバランスを取るためにすべてが連動し、このような状態になります。


言い換えれば、必要だから身体を歪ませている、という事なのです。


身体は常に「プラスマイナス0」で動こうとします。


どこかが前に動くと、どこかが後ろに動きますし、内側が衰えると、外側が頑張ろうとします。


背中が丸まると顎を突き出してバランス調整を行なう、という事です。


悪い姿勢が癖になると、本来、疲れたり辛いはずの姿勢が楽に感じるようになってしまいますので、ますます身体の歪みが進むのです。


脚を組んでいないと落ち着かないとか、背もたれにもたれかかりCの字型で座ったりするのがラクだと感じたりするようであれば、すでに相当歪んでいますので、正しい姿勢の時に使われるであろう大切な筋肉も衰えてしまっています。


悪い姿勢をなおしたいという場合、これらの癖を整え、衰えた筋肉を元に戻す作業が必要ですので、単に「胸を張りましょう」「あごを引きましょう」だけでは、どうにもならないのです。


また、悪い癖をなおさないまま、骨格を矯正しても、生活動作が始まるとたちまち元に戻ってしまいます。


姿勢の悪さは、不調の原因・健康の大敵ですので、一刻も早く改善するようにしましょう。

★スポンサード リンク★