自然


健康を突き詰めていくと、結局のところ行きつく先は「自然」だと思います。


人も自然の一部であると考えれば、それは当然のことで、いかに自然と調和し、季節に合わせて身体や心を変化させ無理なく過ごす事が出来るかが、とても大切です。


自然を感じ、一体となるのに、もっとも重要なのは「呼吸」です。


自然な呼吸を行なうには、穏やかで静かな心が欠かせません。


ザワザワ・イライラしていては、流れゆく自然の微妙な変化を感じる事が出来ないからです。


さらに、食べるもの・着るもの・飾るもの・考え方など、あらゆるものが自然に近づく程に、健康への意識も高まり、心身ともに正しいバランスである「正体(せいたい)」になっていくのです。


健康になるために、人工のものを次から次へと取り込むよりも、自然の一部になる工夫や努力を積み重ねるほうが、より効果的だと考えています。