噛ミングサンマル


食事中、一口で30回くらい噛みましょう、というキャッチフレーズの「噛ミング30」


現代の子供たちは、軟食が多く咀嚼の回数が少ないため、顎が十分に発達せず、永久歯が生え揃うスペースがありません。


年齢があがってもよく噛む習慣は大切で、肥満や生活習慣病の予防・脳の発達を促す・唾液の分泌を促す・口腔機能の維持向上・誤嚥窒息の予防など様々な効果が期待できます。


健康は何を食べるかでおおかた決まりますが、どのように食べるかも同じくらい重要なのです。


しっかりと30回咀嚼をするには、口の中を整えることも必要ですので、歯周病・虫歯などで歯を失ったあと放置したり、悪い噛み合わせや歯並びのままでいる事は避けましょう。