背中


首から肩、肩甲骨の内側が辛い・痛い、

呼吸が浅い


そのような方は、背中が固くなってしまっていることが多いです。


また円背という、いわゆる背中が丸くなり背中の筋肉を引っ張ってしまう状態になっているため、その周りの血行が悪くなり、不快感や痛みを感じるようになります。


背中が固くなると、脊柱・肩甲骨・鎖骨・肋骨の動きが、極端に制限され、動きが悪くなります。


そうすると、心臓や肺など重要な臓器を守ってくれている「胸郭」という部分にも、良くない影響が現れ、十分に息を吐いたり吸ったり出来なくなりますので、疲労しやすく、疲労が取れにくくなります。


背中の硬さを弛めるには、どこを動かしているのかを把握しながら、胸郭をゆっくりと動かすような運動が必要です。


背中が弛むと、身体全体が動きやすくなりますので、その影響は末端に至るまで波及していきます。


胸郭を動かて背中を柔らかくしましょう。