まつ毛トラブル


目を大きく見せたり、化粧時間が短縮できることなどから、若い女性を中心に人気の高い「まつ毛エクステンション」

 

マスカラやつけまつ毛とは異なり、自前のまつ毛1本1本に「人工まつ毛」をくっつけるので、ボリュームや長さを自由にアップでき、ばっちりメイクをする必要が無くなったり、メイクを落としてもボリュームが変わらない、ビューラーを使う手間が省けるなど、良い事ばかりのように思えますが、トラブルも絶えないようです。

 

トラブルのうち多いのは、チクチクするなど痛みを伴う場合ですが、その原因は、エクステがまぶたに刺さっている・装着位置がまぶたに近すぎて目を閉じたときにまぶたに当たる・エクステ用の接着剤(グルー)が体質に合わず、アレルギー反応を起こしてしまう・装着時にツイーザー(ピンセット)がまぶたに刺さり傷ついた・・・などが考えられます。

 

また充血する場合は、グルーに含まれるホルムアルデヒドが原因で、装着時に限らず目をこすったりすると刺激や摩擦で、グルーが目に入ってしまい角膜を傷つけてしまう可能性もあります。

 

グルーは揮発するので、その影響でも充血しますし、ドライアイならなおさら充血しやすくなります。

 

充血に加えて痛みがある場合は、迷わず眼科へ行きましょう。

 

最も気を付けなければならないトラブルは「失明」です。

 

人工毛が目に刺さり角膜に大きな損傷を与えたり、グルーが目に入り結膜が炎症を起こしたりすると、最悪の場合は失明する可能性もあるそうです。

 

ですので、アレルギー反応を起こさないか必ずパッチテストを行なったり、数本つけて異変がないか様子を見てから「まつエク」を行ないましょう。

 

目が痒い・涙が止まらない・チクチクする・腫れる

 

それは身体からの、危険を知らせる「警告」なのです。