基礎6群

セコムの食

 食事でバランスよく栄養素を摂るためには、食品に含まれる栄養素を知らなければなりません。


色々な分類法がありますが、もっともよく使われるのが、6つの基礎食品群による分類です。


1群 タンパク質⇒魚・肉・卵・大豆・豆腐・納豆などの食品に含まれ、骨や筋肉などを作り、エネルギー源になる。


2群 カルシウム(無機質)⇒牛乳・チーズ・小魚・海藻などの食品に含まれ、骨や歯を作り、身体の各機能を調節する。


3群 カロテン⇒かぼちゃ・小松菜・ブロッコリー・ほうれん草・にんじんなどの緑黄色野菜の食品に含まれ、皮膚や粘膜を保護し、身体の各機能を調節する。


4群 ビタミンC⇒キャベツ・白菜・にんにく・大根・もやし・ごぼう・レモン・柿・キュウイなどの単色野菜や果物の食品に含まれ、血流を良くし免疫力を高め、身体の各機能を調整する。


5群 炭水化物⇒米・パン・麺類・芋などの食品に含まれ、エネルギー源となり身体の各機能を調整する。


6群 脂質⇒牛脂・豚脂・オリーブオイル・バター・マヨネーズ・ぶり・さんま・はまちなどの食品に含まれ、三大栄養素の最も高いエネルギー源で、体温を一定に保つ。


調理法により多少のばらつきはありますが、これらの栄養素を含む食品をバランスよく使うことが、健康の維持増進に必要な、『健全な食生活』となるのです。