変調

夏の暑さが一転、急に朝晩が冷えるようになっていますが、このような季節の変わり目に体調は悪くなりがちです。


高い気温に対応するために過ごしてきた身体は、急な気温の変化についていけないのです。


関節が痛くなる、咳が止まらなくなる、発熱する、肩がこる、膝が痛い、腰が痛い、歯茎がうずくなど、不調を感じる箇所は人それぞれですが、何かしらの変調をきたします。


この時期の体調不良は、夏の暑さで体力や免疫力が下がった、とする考え方と、次の季節フィットするために、わざと身体の動きを止めてその季節に合わせた身体に合わせてカスタマイズしている最中であるという考え方があります。


例えば、雨が降りそうとか、台風が来そうな感覚があると、決まって首が痛くなる・膝が痛くなるなど、どこかしらに不調箇所が現れます。


風邪っぽくなることもしばしばです


このような事を繰り返しながら、身体は、徐々に寒い季節の対応できるような身体に変わっていきます。


ですから、この時期の変調に対して、無理やり薬で抑え込もうとしたりせずに、身体の変化に意識を向けつつ、ゆったりと呼吸をし、気持ちに余裕を持って過ごしましょう。


身体が季節に合ってくると、不調は自然と無くなっていくものです。