整体


首や骨盤の歪みをパキパキッと整えたり、グイグイと押し込んで身体を真っ直ぐにしようとしたり・・・


そのような事だけで身体は整うわけではありません。


肩こりや腰痛も同じことで、押したから・揉んだから治るというモノでもありません。


身体を整えるという事は、表面上見えている事だけにアプローチを行なうことではなく、もっと身体の奥の感覚に意識を向けたり、身体の中を整える事で、全身を健康な状態に向かわせるという事なのです。


例えば、夏が過ぎようとしているようなこの時期に、身体がだるくなったり、朝起きるのが辛かったり、背中が張って呼吸がしにくかったりするとします。


そんな時に、「しんどいからマッサージを」「身体が歪みを取ってもらってすっきりしたい」などではなく、なぜそんな状態になるのかという原因にアプローチするのが、本当の意味での「整体」だと考えています。


夏の暑い時期は、汗をかいたりして、熱をうまく逃がすシステムが働き、代謝があがり、巡りが良くなります。


それが、気温の低下など季節が変化すると、そのシステムが停止し、代謝がガクンと落ちてしまう事があります。


そうなると影響を受けるのが、内臓で、特に腸が大きなダメージを受けます。


腸の動きが鈍くなると、自律神経バランスが狂う為、イライラしたり、逆に落ち込んだりなど、精神的な落ち着きがなくなりますし、便秘や下痢をおこします。


身体に起こるこれらの全てが、「ストレス」となり、身体を力ませ、凝らせたり張らせたり、また、疲労回復能力も低下するので、すぐに疲れたり、疲れが取れなかったりして、徐々に蓄積されていくのです。


こんな時の整体法は、代謝機能を正常に戻すために、いつもより長く湯船につかり新陳代謝を促したり、胃腸に優しい温かい食べ物を食べたり、睡眠時間を多くとったり、休養や休息を余分に取ったりして、カラダとココロをゆったりと労わる事です。


腸が元気を取り戻すと、身体も元気になり、不自然な歪みや偏りも整い始めます。


身体は常に元気になろうと必死で働いています。


その内なる声に耳を傾け、意識を向ける事が、整体の基本なのです。