拮抗筋

世界の「!(ワクワク)」をお届けします『ショップジャパン』

筋肉は単独で伸び縮みをしているのではなく、互いに相反する動きをする筋肉群が、バランスよく働くことで、円滑な運動を行なえるのです。


例えば『伸筋』と『屈筋』は、一方が伸びている時、縮む事により、関節を滑らかに動かせますので、どちらか一方の働きが悪いと、全体としての動きも悪くなります。


脚を開いたり閉じたりする際にも、『外転筋』と『内転筋』が作用し合っています。


これらは、拮抗筋と呼ばれ、行なう動作によって役割が変わります。


肘を曲げる時に主に力を発揮する主動筋は、上腕二頭筋(力こぶ)で、その拮抗筋は上腕三頭筋(力こぶの反対側)ですが、肘を伸ばす時の主動筋は、上腕三頭筋となり、上腕二頭筋は拮抗筋になるのです。


体中の筋肉群は、ほぼこのような構造ですので、トレーニングやリハビリを行なう際には、必ず『両方を整える』という大原則を忘れないようにしましょう。