足の指

首こりの大きな原因の1つは、姿勢の悪さですが、そのもっと根本の原因は、足の指を使えていない事です。


本来、足の指は、手に近い動きが出来る構造なのですが、生活様式が変化する中で、地面を掴むような使い方が難しくなってしまいました。


足の指がしっかりと地面に張り付き、重心を取っていれば、身体をバランスよく支え良い姿勢を保つ事が出来るのですが、足の指が使えないと後ろ重心になり、身体が余計な負担から硬直し、動くたびに腰・背中・肩・首へ、直接、衝撃が伝わってしまいます。


足の指が使えているどうかを知るには、裸足や靴下の状態で、足の指がキチンと床や地面に張り付いているかを見ましょう。


浮き指のように、指が宙に浮いていたり力が入らないようでは、かなりの衰えであると言えます。


また、1分間同じリズムで、足の指だけを動かしてみましょう。


リズムが狂ったり左右差があるようだと、衰えに加えバランスも悪くなっているという事です。


足の指の力を取り戻し、姿勢を良くし、首こりを改善するには、5本指ソックスを履いたり、タオルギャザーという筋トレをしたり、足首の運動をしたりすることが必要です。


その後、しっかりと「正しい歩き方」の練習を行ない、使える足の指に整えましょう。