可動域


身体のどこかに、ハリやコリのような不調を感じた際、ついその部分が悪いとか異常があるのでは・・と考えてしまいがちですが、そうとは限らないのです。

 

どこかの関節や骨が固まり動きが悪くなると、その周りの関節や骨格自体が無理をし過剰な動きをして、なんとか補おうとします。

 

これは『代償運動』と呼ばれています。

 

身体を動かしているのは筋肉で、筋肉は関節をまたいで繋がっているため、無理をした部分から離れた場所で、痛みや疲れを感じてしまう事があります。

 

例えば、運動不足などで股関節の可動域が衰えた場合、本来股関節が行なうべき動きを、代わりに『腰』が行ないますが、腰はそれほど可動域の広い部分ではありませんので、すぐに痛みというシグナルを発して危険を知らせてくれます。

 

このような事は首でも起こりますし、肩でも起こります。

 

身体には、それぞれ適した動きというモノがあり、それを正しく使えていれば、そうそうコリやハリに悩まされることはありません。

 

慢性的な不調にお悩みであれば、一度その部分だけに原因を求めず、全身的な可動域の改善で筋肉を整えるような対処方法を、お試しになられても良いかもしれません。