10RM

お金を稼ぐ人は、なぜ、筋トレをしているのか?

新品価格
¥1,296から
(2015/9/30 16:41時点)


筋トレには「RM」という単位があり、最大反復回数と言われています。


1RMとは、力いっぱいで1回行なえる強度(負荷)を指します。


筋トレ(筋肥大)に必要とされる基本は、1RMの70~85%で、6~12RM、持久力目的の場合65%以下で、16RMが目安です。


一般的なトレーニングの場合、10RMが適当だと考えます。


つまり、「1セットに10回続けるのが限界」という負荷の事です。


そして、3・4セット行なうことが欠かせないのですが、その理由は、筋肉が使われる時、すべての筋繊維が総動員して全力を出しているのではなく、まったく使われていない筋繊維があるのです。


つまり、1セットだけでは、それらに働きかける事が出来ないので、3・4セット繰り返す事で、万遍なく筋繊維に負荷をかけ、限界まで追い込んでいくのです。


ちなみに、ゴリマッチョ的な鍛え方を行なう場合は、1~4RMが適しているとされています。