呼吸


健康のために呼吸をする時には、リラックスした姿勢で行ないましょう。

 

腹式・胸式などを気にせず大きく気持ちよく呼吸してください。

 

呼吸は無意識にするものですが、それをあえて意識して行なうことで、身体のあらゆる箇所に働きかける事が出来る、とても素晴らしい健康法なのです。

 

深い呼吸には体幹部が使われますので、胸椎や肋骨周りの筋肉を滑らかに動かしたり、横隔膜を動かすためには腹筋がしっかりと働かなければなりません。

 

ストレスや運動不足でこれらの筋肉が凝り固まってしまうと、深い呼吸が出来なくなりますので、満足に酸素が取り込めず老廃物が溜まる一方になり、肩こりをはじめ全身の疲労がますます悪化します。

 

さらに、深呼吸は心を整える最高のアイテムです。

 

特に息を吐くときに副交感神経の働きがよくなるので、出来る限りゆっくりと時間をかけて息を吐きましょう。

 

意識して深呼吸を繰り返し、徐々に無意識で行なえるようになると、身体の健康にかかわる各部分が、小さな動きを活発に繰り返していきますので、その影響は全身にいきわたります。

 

意識して深呼吸をしましょう。


★スポンサーリンク★