貯筋


筋肉は使われなければ『不要なモノ』と判断され、忘れ去られていきます。


それが顕著に現れるのが『インナーマッスル』です。


インナーマッスルは、身体の深層の至る所にある小さい筋肉のため、外側にある強い筋肉が頑張ってしまうような効率の悪い身体の使い方を続けると、その本来の働きが出来なくなり、働かなくなります。


そうするとますます外側の筋肉(アウターマッスル)だけで活動を賄わなければならなくなり、絶え間ない疲労と共にコリやハリに悩まされることになります。


インナーマッスルが正しく働いている人の動きは、『しなやかで柔らかい』『バネのように弾力がある』『しなるような動きが出来る』などの特徴があります。


逆にアウターマッスル先行型の人の動きは、『ガチガチ』『直線的』『重そう』という印象で、滑らかな動きが苦手になります。


アウターマッスルが頑張っている間はなんとか誤魔化しながらもなんとかなるのですが、頑張れなくなると、頼るべきインナーマッスルが働きを忘れてしまっているので、どの筋肉も自らを助けてくれないという、悲惨な状態になってしまいます。


そのためにも、何事も無く身体を動かせられるうちに、しなやかに動かすための『インナーマッスルの再教育』を行ない、しっかりと『貯筋』を心掛けましょう。


★スポンサーリンク★