首の疲れ


首の疲れは、姿勢の悪さ・デスクワークの多さ・寝姿勢の悪さ・手指の使い過ぎ・・・など人それぞれですが、『顔や頭の固さや歪み』も原因の一つです。


ストレスや表情の無さで顔の筋肉が動かない人は、顔全体の表情筋がこわばり、首の筋肉が引っ張られることで血流が悪くなります。


頭の筋肉は顔と連動しているので、どちらか一方が硬くなると、もう一方も固くなります。


つまり、首を整えるためには、頭と顔を整える必要があるのです。


さらに、顔の歪みにも注意を払いましょう。


くちの開閉時に動かしにくい側がある・音が鳴る・左右の動きが違うなどにより、どちらかの咀嚼筋だけに負担がかかり疲労し、左右のバランスが崩れた結果、首のコリにつながるのです。


顔と頭を指の腹を使い柔らかく揉みこみましょう。


ゆっくりと呼吸をしリラックスをして、気持ちがいいと感じるスピード・回数で行なってください。


毎日のストレスや疲労が和らげば、首の疲れや緊張が取れていくはずです。


★スポンサーリンク★