姿勢の悪さ


一日の大半をパソコンの前で過ごすような生活では、自然と肩が前に巻き込まれ鎖骨や胸辺りの筋肉が縮こまり、硬くこわばり短縮してしまいます。


さらに、硬くなると伸びにくくもなりますので、それと対をなす背中側の筋肉が引っ張られて背中が丸くなり、猫背姿勢になるのです。


また、骨盤を後ろに寝かし背もたれにもたれかかるような姿勢を続けていると、ハムスト(ももの後ろ側)がどんどん硬くなり、骨盤周りの筋肉のバランスも狂い、ポッコリお腹へまっしぐらになってしまいます。


そして筋肉が硬いという事は、毛細血管が圧迫され血液の巡りが悪くなるという事でもあります。


巡りが悪い身体は、『疲れやすい』『疲れが取れない』など健康とは真逆の身体ですので、筋肉を柔らかくして巡りをよくするためにも、姿勢を良くする事は何よりも優先して取り組むべき課題なのです。


姿勢を良くするためには、ただ『胸を張る・頭を正しい位置に持ってくる』ではまったく不十分で、筋肉自体の柔軟性や関節可動域を広げ身体の使い方を整えなければなりません。


身体の不調を嘆くばかりの生活から抜け出し、健康な毎日を送るためのも、身体を動かし運動をし『柔らかな身体』を手に入れましょう。


★スポンサーリンク★