二段尻


二の腕と双璧でたるみやすい部分といえば『お尻』です。

 

全体的なたるみはもちろんですが、お尻と太ももの境目にできる『二の尻』部分は、三段腹ならぬ『二段尻』となり、パンツを履いた際にだらしない印象を与えてしまう元凶です。

 

この原因は、運動不足と加齢による筋肉の衰えです。

 

筋肉の土台が少なくなった上に、たっぷりの脂肪が乗っかる構図ですので、とても支えきれるものではなく、重力の法則に従いたるんでしまうのです。


加齢と共に身体の各部分は「何もしない」と確実に衰えます。

 

しかし、筋肉量の小さい部分はそれほど気にならないのですが、大きい部分は目立ちやすく、一度ラインが崩れてしまうと加速度的にゆるんでしまいます。

 

二段尻の対策は、日々の絶え間ないトレーニングしかありませんが、「スクワットなどすると脚が太くなる」や「下半身だけガッチリムキムキになんかなりたくない」などと、心配をされる方もいらっしゃるかと思いますが、そんな心配はまったく必要ありません。

 

それほどの変化を起こすには、プロスポーツ選手やアスリートのようなハードなトレーニングと過酷な食事制限を日々継続しなければなりません。

 

ですから、一般の方が普通の生活の中で行なうレベルでは、そのような身体になりたくてもなれないのです。

 

年齢を重ねれば重ねる程、だらしなくたるんでいくボディラインを食い止めるためのトレーニングぐらいは、最低限行なうようにしたいものです。

 

衰えていく筋肉を守りつつ、さらに進化させ、引き締まったヒップラインをいつまでも保つ事は、女性だけに限らず男性にもしっかりと意識してほしいと思います。


★スポンサーリンク★