呼吸が大事


骨盤を安定させるには、腹直筋・腹斜筋・大腰筋を整える事が欠かせません。


骨盤の不安定さは、左右の筋力バランスが崩れから起こる事ありますので、まずはこれらの筋肉群をじっくりと鍛える事から始めましょう。


その際の注意点は、回数をたくさん増やすとか大きな負荷をかける事よりも、正しい姿勢で行なう事です。


間違った姿勢で行なってしまうと、十分な効果が得られないだけではなく、怪我につながってしまう可能性があるからです。


そして、それ以上に大切な事は「呼吸」です。


お腹の周りの筋肉(腹筋群)は「呼吸筋」ですので、呼吸と密接な関係がありどのような呼吸で行なうかにより得られる恩恵も異なります。


大腰筋が整い骨盤が正しい位置に保持されるようになると背骨も整いますので、姿勢も自然と良くなり、腕や脚など末端部分が動かしやすくなり脚の疲れや肩こりなどにも、良い影響が波及されていきます。


これらを導くためにも、いかに呼吸に意識を向け正しい呼吸で整えていくかがカギとなるのです。


★スポンサーリンク★