とても簡単


姿勢が悪い・肩がこる・手足が冷える・腰が痛い・便秘であるなど、多くの身体の不調の原因の1つは「大腰筋の衰え」かも知れません。


身体の奥の方にあるので目では見えませんが、肋骨下の背骨あたりから、脚の付け根の内側に付いている筋肉で、骨盤を安定させたり血管や神経と関係が深かったりと、その役割はとても重要なのですが、周りについている大きくて強いアウターマッスルが頑張るために、意識をしていないと使うのを忘れどんどん衰えていくのです。


特に猫背のような姿勢が習慣になっていたり、慢性的な運動不足が解消できていない方は、出来る限り早く大腰筋を整えた方が良いと思います。

☟大腰筋の鍛え方です。☟


大腰筋は身体の要である股関節(骨盤)を安定させるのに大きな役割を果たします。


放置して良い事は一つもありませんし、整えるのもそれほど難しいものではありません。


それぞれ1分も行なえばかなり「使った感」を感じられるはずですので、とにかく毎日続ける事を目標に頑張りましょう。


★スポンサーリンク★