禁句


これから先の人生を健康に過ごしたい! とお思いならば、口にしてはいけない「口癖」のような言葉があります。


『もう歳だから』

『歳をとるとガタがきて当たり前』

『今までずっとこうだった』

『家族も同じ状態だから』

『何をしても変わらない』

『周りの人もみんなこうだから』


歳のせいにしたり諦めたりすることで、良い事は何もありませんし、何も生み出しません。


言霊と呼ばれるように、言葉には何かしらの力があり、発する言葉がプラスなら状況はプラスに、マイナスならマイナスに近づいていきます。


ですから、このようなマイナスの言葉はご自身にとって何のプラスにもなりませんし、言葉にしてしまうたびに、自らマイナスを引き寄せ、さらに不健康になってしまいます。


本当に健康になりたい、健康に過ごしたいと思われるのであれば、何かや誰かのせいにしたり、諦めたりせず、自身の健康と向き合い、自己管理をしっかりと行ないましょう。


年齢からくる衰えは確かにあり、どうあがいても無理な事も当然ありますが、多くの事は本人の努力次第で大きく改善できるのです。


高血圧・膝痛・肥満・肩こり・腰痛などでお困りの方がまず取り組むべきことは、誰かに何かをしてもらおうと頼る事ではなく、『自分の健康は自分の力で取り戻んだ』という強い気持ちを持ち、その上でご自身に合った方法を生活に取り入れ、それを毎日継続して行ない、最期のその時まで努力を怠らないという覚悟を持って挑む事なのです。


★スポンサーリンク★