眼トレ

モノを見る時、カメラのレンズのように水晶体が厚さを調整しピントを合わせています。

 

近くのモノを見る時には、毛様体筋が収縮し水晶体を厚くし、遠くのモノを見る時には縮み、水晶体を薄くしピントがオートフォーカスされます。

 

毛様体筋がしなやかなうちは、ぼやけたり見にくくなったりする事は無いのですが、毛様体筋が硬くなったり水晶体が衰えてくると、ピント調整の能力が低下してしまいます。

 

近年では、老化と共にデジタル機器の使い過ぎなどの筋肉疲労が原因となる「目の悪さ」が増えているようです。

 

対策として行なうと有効なのは、見える限界の遠近を繰り返し見る事で、固まった毛様体筋を緩めてピントを合わせやすくする方法です。

 

とても地味な方法ですが、これが一番効果があります。

 

他には、遠方凝視という、遠くのモノをじっと見続けるという方法や、焦点イメージという、モノを見たあと焦点を保ったまま目を閉じるという方法があります。

 

要は、ずっと同じ視点を長時間に渡って続けてしまうと、目が肩こりと同じように血行不良を起こしてしまうので、動かすことで活性させるのです。

 

続ける事でピント調整力は戻るとされていますので、諦めずに続けるようにしましょう。

★スポンサーリンク★