ストレッチ


怪我の防止などに効果が期待されるストレッチは、それだけではなく健康の要として、2つの大きな役割を果たすことが出来ます。


1つ目は、深い呼吸とともにゆっくりと筋肉を伸ばす事で、筋肉をほぐすだけではなく、心身共に緊張をほぐしリラックスする事が出来ます。


それにより自律神経のバランスが整うとストレスに対する抵抗力が増し、疲れにくくなり身体が楽になります。


2つ目は、筋肉が適度に伸ばされることにより、血液の循環が良くなり筋肉に滞留している疲労物質が代謝されますので、肩こりや腰痛など凝り固まった身体がどんどん和らいでいくます。


日々の生活において人は、無意識に防御や攻撃のために身体を緊張させ、常に力が入った状態を保とうとしてしまいます。


そうすることは、ある意味において必要な事ではありますが、過剰に力み続けると今度は力を抜くことが出来なくなり、必要でない場面でも力みが取れずエネルギーを消費してしまい、疲れ果ててしまいます。


車で例えると、信号待ちなどで停車中にもかかわらず、ずっとアクセルを踏み続けているようなモノなのです。


ですから、ストレッチを生活の一部として取り込むことは、間違いなく健康になるために必要ですので、行なわない理由が見当たらないのです。


スポンサーリンク