口が渇く


日本では3000万人とも言われているドライマウスは、単に口の中が乾いているのではありません。

 

ドライマウスは、唾液の分泌量が減り、舌や喉が張り付くようにネバネバと激しく乾き、話しづらいなどの不快な症状が出ます。

 

本来、身体が健康であれば、口の中が乾く事はありませんが、ストレス・加齢・薬の副作用などが大きな原因と考えられます。

 

その他にも糖尿病・筋肉の硬化も原因になります。

 

緊張や不安を日常的に感じると、唾液の分泌が減るために殺菌効果が低下しますので、歯周病や虫歯・口臭・味覚障害が生じやすくなります。

 

口の中が乾いていると感じると、水を飲むなどして潤そうとしますが、水は唾液の代わりにはなりません。

 

ドライマウスの改善には、よく笑い・よく話し・筋肉を動かし、ストレスをためないようにし、薬を服用しているなら見直しを検討する必要があります。

 

そして、緊張や興奮、恐怖、怒り、焦りなどが起きる場面において、出来る限り平静かつ冷静にやり過ごせるように自分をコントロールする方法を身に付けましょう。

スポンサーリンク