腹筋運動

腰痛対策の基本の基とも思われているのが『腹筋運動』で、お腹と背中の筋力を整える事がもっとも大切です、というのが定説になっているように感じます。

 

確かに腰に痛みの原因がある場合、その周りの筋力が衰えていて腰を支えられないから痛みが出る、だから鍛える事で痛みを軽減させるという理屈です。

 

 

しかし、腹筋運動は簡単そうに見えて、とても難しい運動ですので、痛みをこらえながら正確に行なう事は、相当ハードルが高いように思います。

 

また、間違った方法ではさらに痛みを増す可能性すらあります。

 

ですので、痛みのある腰を何とかしようとするよりも、その腰に負担を与えないような方法を実践するほうが安全でありより効率的と考えられます。

 

具体的には、腰の負担を軽減するために、股関節・膝・足首で衝撃を吸収出来るように、柔らかくそして強く整える事が必要なのです。

 

特に股関節が衰え使えなくなっている方の腰痛には、何よりも股関節の機能回復が最優先されますので、腰に目を向けるよりも身体の要である股関節の整体に注力し、出来る限り腰を使わない生活を送るような努力をしましょう。


スポンサーリンク