素晴らしい人

素晴らしい人とは、容姿や外見がどうのとか、社会的な地位や裕福さではなく、その人自身の人間力のようなものに魅力があるかどうかだと思っています。

 

当然、その価値基準は人それぞれだと思いますので、一概に決めつけている訳ではありません。

 

 

例えば、何事にも動じない人。

 

何かあっても、常に冷静に考えたり行動を起こせる、余裕の中で物事を処理し、慌てふためいたりオロオロする事などありません。

 

動じない人と動けない人とは全く違います。

 

すぐに頭も体も『いっぱいいっぱい』になり動けなくなるという事は、非生産的であり無駄の塊なのです。

 

例えば、人の話に耳を傾けられる人。

 

自分の考え・意見・主張ばかりを繰り返し人に押し付けるのではなく、他人の意見を取り入れ可能性を広げた上で、効率や効果の高い選択と決定をするには、まずじっくりと聞く事が大切なのです。

 

自分に自信のある人は、自分の評価を過大も過小もせずに行えますので、他人の評価に対し過剰に反応したりしません。

 

そのため他人の意見を素直な気持ちで汲みとれるのです。

 

例えば、無理をしない人。

 

自分の能力を正確に理解し、さらに可能性の範囲で動く事も出来るので、とうてい無理な事や無茶な事に手を出すことなく、また問題を先送りにしたり、放り出したりするような事も無く、計画性を持って物事を着実に進められるのです。

 

他人を悪意を持って批判したり、否定したり、嘲笑したり、愚痴や不平不満が口癖になってはいませんか?

 

そのような時の積み重ねは、その時はスッキリして楽しいかもしれませんが、実は無味乾燥の、自分自身を駄目にしてしまうつまらない時間の使い方なのです。


スポンサーリンク