姿勢改善

スポンサーリンク

姿勢改善の2大ポイントは『座り方』と『立ち方』です。

 

どちらもほとんど無意識のうちに身についてしまった癖(習慣)ですので、改善するのは容易な事ではありませんが、心掛け次第でキチンをした姿勢を保つ事が出来るようになります。

 

今回は座り方について。

 

主にお仕事の場において座っている事が多いのですが、特にパソコンでの作業中などが特に悪い姿勢が持続されてしまい、疲れがたまりやすくなります。

 

画面に意識が集中するあまり、顔と顎が前方に突出するために首と首から肩にかけての筋肉が常に引っ張り続けられている状態で、血行不良が起こり首こりや頭痛の原因になります。

 

両肩が前に丸まり出る事で鎖骨や胸周りが縮まるので、呼吸が浅くなり、循環が悪くなるとともに体液の流れの鈍くなるので疲労が代謝出来なくなります。

 

腕がほとんど動かず、肩周りが硬直する反面、手首から先は指をそらした状態が続いて指先や手だけが過労に陥り、常に慢性疲労を起こして肩こりの原因になります。

 

猫背姿勢は、背中や腰が本来のカーブとは逆に曲げられたままでの長時間座りっぱなしという過酷な状態を生み、全身疲労の原因になります。

 

お尻の大きな筋肉群は、動かすことで初めて活動が出来ますので、固定されてしまうと、血流が悪くなり凝り固まりますので、坐骨神経痛の原因につながります。

 

太ももの裏側を圧迫する事は身体全身に巡るはずの血流を制限してしまう事になり、代謝が行なわれず脚がむくんだり、疲れやすくなったり、冷え性の原因になります。

 

悪い姿勢で長時間座る事は、考えている以上に身体へのダメージが大きく、様々な身体の不調の原因ですので、正しく座る事とずっと座りっぱなしにならない事に注意をして、改善を心掛けましょう。


スポンサーリンク