姿勢を整える事

肩がこった・腰が辛いという状態を改善するにあたり、その部分だけに何かを施して対処するようことは基本的にありません。

 

 

確かに肩周りの筋肉をほぐしたり、腰の緊張を取るような体操や運動があり、最低限それらを習慣になるまで行なっていただきたいのですが、本質的に整体を行なうのであれば、そうなった根本原因から整えていかなければ「整体」とは呼べないと考えています。

 

 

身体を整えるには、大前提として姿勢を整える必要があり、歪んだり偏ったままの姿勢で、ある部分だけを真っ直ぐにしようとする考えには無理があります。

 

 

 

整体に対する当院の考え方の一つ「歩き方」ですが、それを整えるにあたり見た目だけキチンと歩けているかどうかはまったく問題ではなく、身体に負担無く歩くために必要な身体のパーツ1つ1つを整える事で、結果として身体が持つ本来の機能が十分に生かされ、自然で無理のない歩き方が出来るという考え方なのです。

 

 

例えば、膝裏が伸びない・股関節が硬く脚が後ろにいかない・つま先を持ち上げられない・体重移動の左右差があるなど、このような状態で歩き続けていると、身体はその不自然さに合わせて全身が歪んでしまいます。

 

 

何とか歩けるようにするために、身体を歪ませるしかない方法が無いからです。

 

 

そうなると、無理がかかっている部分が引っ張られたり伸びきったりするうちに慢性的な疲労となり、肩こりや腰痛の原因になるのです。

 

 

ですから、肩こり対策で姿勢を良くする場合、ただ胸を張りましょう、肩甲骨を寄せましょう、顎を引きましょう、ではなく、足首から股関節の柔軟性やバランスを整えたり、骨盤の歪みを最小限にする事で、身体を自然に使えるようになり、その積み重ねの結果が最善の対策になるのです。


スポンサーリンク