肩こりと呼吸

 

肩こりが慢性化し改善が見られない方の特徴の1つは「呼吸が浅い」という事です。 

 

今回は肩こりと呼吸の関係を、簡単に説明します。 

 

肩こりの原因の1つである血行不良は、肩甲骨の動きが悪い事で起こり、たいていの慢性肩こりの方の肩甲骨は背中に張り付いたような状態で、肩甲骨が持つ大きな可動域がほとんど見られません。

 

 

本来、肩甲骨は鎖骨から靭帯で吊り下げられているような状態で大きな自由度を有していて、その鎖骨と肩鎖関節を作り、鎖骨は胸骨と胸鎖関節を作っています。

 

つまり肩甲骨は単体で存在しているのではなく、鎖骨・胸骨・それと共に内臓を囲むようにある肋骨・背骨など、すべてと関係しあっているので、そのいずれかの動きに制限が加わると連動して影響を受けるのです。

 

そのもっとも大きなものが「呼吸」です。

 

深く大きな呼吸が出来ていれば、肋骨が程よく動く事で、鎖骨・胸骨・背骨にも自然な動きが出て肩甲骨がゆるやかに動くのですが、慢性の肩こりの方によく見かけられる浅い呼吸では、肋骨や背骨にほとんど動きが見られないため、鎖骨・胸骨・肩甲骨が動く事が出来ずに固まってしまい、血行不良を起こすのです。

 

 

ですから、慢性の肩こりでお困りの方は、運動をして、肩周りを動かすのはもちろんですが、それと同じくらい深い呼吸が大切なのだという意識を持って、日々、呼吸のバランスを整えるように心がけてください。


スポンサーリンク