腰痛

スポンサーリンク

多くの方が悩まされ続ける腰痛は、原因が定かでないものが多いといわれています。

 

腰痛と運動の関係で考えてみる時、よく「腰痛の原因は運動不足である」といわれます。

 

これは果たして正しいのでしょうか?

 

 

 

運動をしていない事で筋肉が衰え血流が悪くなり血行不良を起こし痛みを感じるようになるという考え方ですが、逆に運動をしている方でも腰痛は起こります。

 

 

スポーツ選手など日頃から丹念にトレーニングを行なっているような方でも腰痛は起こるのです。

 

 

そうなると、運動不足=腰痛の原因という構図は当てはまらないのでは?となります。

 

 

しかし、スポーツ選手の腰痛にはスポーツ特有の特殊な事情やオーバートレーニングなど、一般の方とは違う要素で腰痛を引き起こしている可能性があり、同じではないのです。

 

 

慢性的な腰痛やぎっくり腰で悩まれていた方が自動整体で回復した後、安心してメンテナンスをしなくなると、再びぎっくり腰を起こしたり、腰の痛みが現れたりする事があります。

 

 

それはやはり腰痛を起こさない程度に必要な運動が出来ていないという事です。

 

 

ですので、腰痛対策にはやはり日々動かす事が欠かせないのです。

 

 

特にぎっくり腰が癖のようになっている方は、ちょっとした油断でつい中腰になった瞬間に再発する事が多いので、十分に気を付けて「メンテナンス」と「意識」を怠らないようにしましょう。

 

 

あと、睡眠や休息も忘れずに・・・。