質の異なる圧

スポンサーリンク

スポンサーリンク

日々のお問い合わせやご質問の中に「ご同業」の方から「手や指が痛くて仕事が辛い」というご相談を頂戴する事があります。

 

そこで今回は、施術者側の話で恐縮ですが、その辺りの事を少し書いてみたいと思います。

 

 

今回、強圧施術の是非はひとまず横においておきますが、指が変形する程の強圧施術を求められているそうで、あまりいい環境とは思えません。

 

が、しかし改善の余地はあると思います。

 

まず、「基本姿勢」をしっかりと身に付けましょう。

 

スポーツ・絵画・楽器など、なんでもそうですが、何よりも基礎が出来ていないとそれから先の進歩がありません。

 

基本姿勢の「基礎」は体幹の力の使い方です。

 

体幹が整うと身体を安定させることが出来ますので、手の自由度が格段に増すと共に、もう一つとても大切な事があります。

 

それは脚の力を手に伝える事です。

 

施術で手や指が痛い場合、「手押し」になっている可能性があり、一生懸命やっているほど圧は入らないのです。

 

腕や手の力など、たかが知れています。

 

特に指は力を加えるというよりは、お疲れの部分を見つけ出すセンサーや、脚から繰り出される大雑把で大きな力を制御するセンサーの役目だと考えましょう。

 

さらに圧の方向と肩から指の向きに無駄が無いかや、立ち位置に無理は無いか、顔の向きは、足の位置は、などを考えながら正しく行なうとうまく下半身の力が指先にまで届くのです。

 

そして、施術には呼吸をシンクロさせましょう。

 

力を加えたいときは「呼」を、力を抜きたいときは「吸」を行なうと、無理なくスムーズな動きが出来ます。

 

最後に、緊張や力みは無駄な力の使い方となり疲労につながりますし、それは受け手に伝わりますので、受け手も余計な力が入ってしまいいくら施術をしてもゆるむことはありません。

 

力まず脱力して身体の内側から出てくる力を余すことなく指先に伝える意識で、ゆっくり息を吐きましょう。

 

おそらく今までとは質の異なる圧が入っていくはずです。